創業準備 資金調達

創業企業のための金融機関選択ガイド

創業期における新しいビジネスの展開は、数多の挑戦と決断を要します。

その中核となるのが、金融機関との関係構築です。

ここでの選択は、企業の財務基盤と将来の発展に深く関わってきます。

資金調達の方法は多岐にわたり、それぞれの金融機関が提供するサービスは創業期のビジネスにとって、まさに命綱となり得るのです。

銀行選びは、ただ単に資金を得るためだけではなく、事業の成長を促進させるための強固な基盤を築くための重要なプロセスと言えるでしょう。

適切な金融機関を見つけ出し、長期的な視点でのパートナーシップを築くことが、創業期の企業経営にとって極めて重要なのです。

取引金融機関の選定基準

創業期の企業においては、資金繰りは生命線とも言えるものであり、その管理には細心の注意を払わなければなりません。

複数の金融機関との取引は、それぞれの金融機関からの多角的な情報提供や、様々な金融サービスの提案を受けることができるという大きな利点があります。

しかし、それは同時に口座管理の煩雑さや、それぞれの銀行とのコミュニケーションコストの増大というデメリットも孕んでいます。

特に創業期には、事業の基盤を固めるためにも、シンプルな構造で効率的な管理が求められます。

そのため、初期段階では、管理のシンプルさを優先し、信頼できる一つか二つの金融機関との取引に絞ることが望ましいと言えるでしょう。

信頼関係を築くことは、将来的な事業拡大や新たな金融ニーズが生まれた際にも、余裕を持って対応できる土台を作ります。

ネット銀行の活用

デジタル化が進む現代において、ネット銀行はその手軽さから多くの創業期企業に選ばれています。

特に、事業資金の借入を予定していない、または現金決済の頻度が低い企業にとって、ネット銀行は手数料の安さという明確なメリットを提供してくれます。

物理的な支店を持たないネット銀行は、対面サービスの必要性が低い企業にとって、コスト削減と効率化を同時に実現することができます。

煩わしい紙ベースの手続きを排したオンラインでの手続きの簡便さや24時間いつでもアクセスできる利便性は、時間に縛られることなく、創業期の限られたリソースを事業の核心的な活動に集中することができます。

地方金融機関の利点

地方金融機関は、その地域密着型のサービスが大きな魅力です。

創業期の企業にとって、地方銀行や信用金庫は、対応の親切さや地元企業との強い絆を築くことができるという大きな利点があります。

地元の経済や文化を熟知している地方金融機関は、その地域に特化したアドバイスや支援を提供してくれることが期待できます。

また、地方金融機関は、地元企業へのサポートに非常に積極的であり、創業期の企業への理解も深いため、地域のネットワークを活用しながら事業を展開していくことができるでしょう。

都市銀行のメリット

事業が成長し、資金調達の規模が大きくなると、都市銀行の利用が避けて通れない選択肢となります。

都市銀行は、大規模な融資の実行力はもちろんのこと、多様な金融サービスや国際取引のサポートといった、成長企業が必要とする高度なサービスを提供する能力を有しています。

また、都市銀行は、成長段階に応じた柔軟なサービス展開を可能にし、大きなビジネスチャンスへの橋渡しをしてくれるでしょう。

大手企業との取引や海外展開を視野に入れる場合には、特にそのネットワークとサービスの豊富さは大きな武器となります。

タイプ別 おススメ取引金融機関

ここまでの解説を踏まえて、タイプ別のおススメ取引金融機関をチャート図にて紹介します。

 

取引金融機関を選ぶ際にまず最初に考えてほしいのは「当面の間に金融機関の融資を受ける予定があるかどうか」です。

事業を開始するにあたり、店舗や自動車等の設備資金や仕入代金・人件費といった運転資金が必要な場合は、対面で事業資金の相談が出来るリアル店舗の金融機関を選ぶと良いでしょう。

リアル店舗型の金融機関と言っても、都市銀行や地方銀行・信用金庫等様々な種類がありますが、基本的には地元地方銀行で事業所から近い最も近い店舗を選んでおけば問題ないかと思います。

創業時から都市銀行を選ぶ事はあまりおススメしません。創業時は事業規模も小さく都市銀行のターゲットゾーンに入らず、十分なサービスを受けられない可能性があるためです。

次に、

 

-創業準備, 資金調達